テレワークについて

 今の仕事は、車で数十分かけ、海の見える道路をドライブしながら朝早く通い、社内から出ることは基本できない。そして午後5時には大抵退社、そんな規則正しく、学校みたいな生活。

 

 実は社会人になってから今までの大半はそんな規則正しさとは無縁。(シフト制とかだった)

 入社できるまでできるかなー、とすこし心配だったけど、意外にこれがしっくりくる。

 過去に在籍したところと比べてもあれだけど、そもそも今は残業しない(大抵する必要もないし、マクロまだ極めてない自分のスペックですら何とかなる)という意味ではストレスがないし、夕方5時には退社なので、少し遊んでからも帰れる、というところは心地いいことに気付いた。また、社内から出られない、というのも大したことはなかった。

 規則正しいのがダメ、とかいうのは杞憂だったようだ。

 ちなみに、業界柄ここはコロナのときも関係なく働けるので、恵まれていた。

 そんな中で、コロナのこともあって感じたのは、

 ●今の自分の職務においては、うまく工夫すればテレワークでできるんじゃね?

 ●いや、他の部署の人もテレワークでできるんじゃね?

 ●となると、わざわざ遠い職場まで通って仕事するとは???

 

 ここに当たり気付いたのは

●リアルに会社に来て仕事をするならば、テレワークでできること以外の、、、つまり、会社に来なきゃ出せないアウトプットをすべきではないか

 (けっして、テレワークしたい、という願望だけからきたのではない)というところ。

 

 正直、極論会議もオンラインでできることはわかったし、ラインなどでも連絡しあえる(問題は、ほぼ全員がそれを使いこなせていないことだが)。

 ならばむしろ、リアルで集まってでしかできないことをすることが、職場の存在価値ではないかと。

 

 

 干支で表すならば、今年はいわゆる変転変化の年、という。

 倒産や閉鎖は免れ、ただしこれまでのシステムを見直し、プラスに向かう会社は幸いなのかもしれない。

 何故ならば今回のことにより、今までの問題点と向き合い、改善せざるを得なくなったからだ。

 人も会社と、大きな問題と向き合うことなしには変化もしないし、急激に成長もしない。

 批判する気はさらさらないが、コロナ禍の直撃を免れたのは果たしてよかったのか、悪かったのか。

 

 

 

 

減らせる残業

 サラリーマンというのは、与えられた環境の中でいかに成果をあげるか、が肝。(普通は)

 

 前職に比べて大幅に変わったのは、表計算、エクセルを使う時間が圧倒的に増えたこと。

 幸いなことに、私の入る数ヶ月前に辞めた前任者がマクロを組んでくれていたおかげである程度は作業は楽にすすみますが。

 やっていくうちに気づいたのは、パソコンを効率化できるのはマクロ、R P A、AIなど以前にもまだまだあるということ。(無論、私自身もマクロを組んだりしますが)。

 たとえば特定のソフトを、マウスを使わずともショートカットキーで起動させたり、よく使う単語、会社名などは辞書登録することで、手間を省いたり。

 

 また、エクセル、いわゆるエクセルもどきでもある程度の作業は関数を使って効率化を図れる、、、、

 これだけでもだいぶ変わります。しかも市販の本やネットにいくらでも載っている。。。やってみればその効果を絶対実感できるはず。

 

 

 もっとも、上記のことは、知ってる人にとってはごくごく初期レベルのことだろうけど。。。

 

 こういう細かいことを覚え、改善して何になるの?という人もいるかもしれませんが、

 私の考えるメリットは

 

 ●細々とした繰り返しの詐欺はそれだけで時間のエネルギーを費やする。効率化することにより省エネでき、その分、別の大事なことにエネルギーを回せるようになる。また、そのためのまとまった時間を確保できるようになる。

 ●ミスが減る。

 ●ゆえに、残業も減らせる

 

 などなど。

 

 

 前職ではキングソフトで、マクロを使えなかったため難儀した、と思い込んでいましたが、ひょっとしたらもっと早く関数を使いこなせていたらもっと変わっていたのかもしれません。

 

これからの時代の流れ

 先日、福岡の知人から聞いたのは

 

 『コロナで受けた影響による変化は、コロナ後も元に戻らないだろう』

 

というニュアンスのこと。

 

 たとえば、これまで事務所でしなければならなかった作業は、今回の事態で

『リモートでやらなければいけなくなった』=『リモートでもできることがわかった』

 

 となれば、コロナ収束後もリモートで、という流れになるかもしれない。

 

 また、今日の日経で、製薬会社のノバルティスが全営業所を廃止する、というニュースがあった。

 それこそ常に外を飛び回るMRの方々。この流れは他の製薬会社にも影響していくかもしれない。

 

 ところで風の噂でだが、前に勤めていた会社もコロナで大打撃を受けているときいた。

 

 勤務形態が変わり、給与関係も変更があったとか。そのため、おそらく辞めていく従業員も増えるだろう(その前に辞めていたわたしは運がよかったというべきか)。

 

 色々、予測できない世の中になってきている。

 

 

 

 

 

 

  

 

変転∞変化

 4月より、新たな環境に飛び込むことになりました。

 社長からは

 『期待している』

との言葉をいただき嬉しく、頑張ろうと思った次第。

 そんな今日は新しい会社にて今後の打ち合わせに行ってまいりました。

 算命学の位相法的にも、今月、今日はたまたま融合条件が揃っている日。

 

 実質今日からスタートのようなところもあるので、ちょっとワクワクしております。

 

 ミッションの一つは、自分自身の変転変化、成長と会社、社長にとってなくてはならない存在になること。

 

 そのための課題はたくさんありますが、ひとつひとつ乗り越えていきたいしだい。

 

 

 

伝達のコツ

 近々、仲間内での自主勉強を主催することになりこれまで習ったところのレジュメや動画をさらっています。

 自分の習っているところのよいところは、過去の講義が動画形式で配信されているところ。

 

 なので通勤しながらアイフォンから聴き流すこともできるのです。

 

 さて、そんな昨日は地元の友人の誕生日パーティーで、ちょっと有名なシンガーさんが来ておりその方の歌を生で聴く機会がありました。

 その方が歌い出した瞬間に、場にいた30名の心ははあっというまにステージに釘付け。たった1.2曲でものすごく盛り上がっておりました。

 

 で、その後気になって。実はその方に直接、歌う時に何を意識しているのか尋ねたのです。そしたらこんな答えが。

『まず、自分をカッコ良く見せようとすると歌は届きません。なので、自分をフラットな状態にします。

 

 そして、お客さんに対してエネルギーをおくる、、、、気持ちが届くよう、念を送るような意識で歌います。』

 

 これはすごく胸に響きました。

 自分をフラットにする。相手に念を送る。自分も勉強会で意識してみようと感じました。

2020.スタート

 節分を過ぎ、算命学的にはいよいよ2020年スタートとなります。

 冬至の頃から徐々に外のエネルギーの変化を感じていたのですが、それが昨日あたりで大きく変わったな、と自覚。この一週間は特に、だんだん気持ちが軽やかになってきたのか。

 

 そんな本日は、五日市剛さんの講演をききに行っておりました。

 五日市剛さんは作家で、私の認識としてたとえばひすいこたろうさんみたいなポエティックな方という勝手な先入観をもっていて、知人に誘われた際も、講演の内容はポジティブシンキングで運気があがる、、、、みたいな話かと思っていたら大間違い。。。。

 

 今回はテーマは『運勢の話』でしたが、内容はスライドに陰占と陽占がでてきて相談者にこうアドバイスしたらこうなりました、、、、くらいのガチの算命学の話が入っておりました(^◇^;)まさか同じ道の大先輩であったとは。。。

 

 言葉の与え方はとてもうまいな、、、、と感じました。

 

 

 

 さて、その後の話ですが。

 

 懇親会の際に知人と算命学の話をしていたのをきいていた隣のご夫婦が、『私たちもみてほしい』と言ってくださり、鑑定してさしあげました(勉強中の身のため謝礼などはいただきません)が、とても喜んでいただきました。

  

 

 幸先のよいスタート。精進していきます。

 

 

 

 

 

 

スマホ手袋は必要か否か?

 最近考えるのは手袋をつけたままでタッチパネルをいじれるいわゆる『タッチパネル手袋』。

 どれくらいの人が使ってるのかな???。

 

 ただし、仕事柄絶対必要な方々がいるのも確か。

 

 1番分かりやすいのは冬の野外で販売したりとか、野外で何かしらの調査したり、iPad系含め機材をいじるような方々ではないかと思われ。

 

 一方でそうじゃない普通の方々でも普通に欲しがるかも。 

 ちな、冬の東京大阪まで出ることは滅多になんのですが。

 もし出る機会があれば、人々の手元を観察してみようと思います。